「省エネライフ」でゆるりと暮らそう♪

外出自粛のおかげで、自家製天然酵母のパン作りを始められた

小麦と水と酵母だけで、パンが焼けるって知ってましたか?

砂糖を入れないパン作りを目指して、小麦粉酵母を育て始めました。

猫を飼ってモフモフ癒されたいところですが、諸事情で難しい。
なので、フワフワの小麦粉酵母を育ててパン作りを楽しむことにしました。

写真はスタートの日。
小麦を半量のお水で練って、保存袋に入れて野菜室へ。

エサやり(小麦と水を足す作業)は3、4日ごと。

ペットに比べると全く手がかかりません。

 

カムート(カムット)という古代小麦を使いました。

品種改良している現代の小麦の原種で、小麦アレルギーを起こしにくいのだそう。

 

からだに良さそうな古代小麦、ちょっとお高めです・・・。

 

1ヶ月ぐらいで、パン作りできる状態に成長します。楽しみです!

参考文献はこちら。

このレシピ本を書いたマスジマ トモコさん、東京都内で実店舗もされてます。

いつか買いに行ってみたいなあ。

通販もやってるので、まずはお取り寄せをしてみたいと思います。

 

さて、

これまでも、パン作りにいろいろ試行錯誤してきました。

米粉パンにチャレンジしたり。

古代小麦でのパン作りで、自家製天然酵母を使うことを目指したり。

 

自家製天然酵母は、酵母づくりに日にちがかかります。

今までは、出張で京都の自宅を空けることが多く、自家製天然酵母づくりが難しい環境でした。

それが、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、外出自粛となり、出張がなくなり、自宅にいることが多くなったのです。

これは、自家製天然酵母を始めるチャンス。

というわけで、ようやく酵母を育て始めることができたのでした。

小麦粉酵母ができたら、次は、小麦粉と水と塩だけとシンプルな材料のパンを焼いてみます。

シンプルな材料だけれど、小麦粉は古代小麦、塩もいいものを使ってこだわります。

あぁ、すごく楽しみ!

外出自粛のおかげで、自家製天然酵母のパン作りを始められました。

小麦粉酵母が、しっかり元気に育ちますように。