「省エネライフ」でゆるりと暮らそう♪

神の葉と書いてじんば(神葉)、季節限定の味を食べてみる

隠岐の海士町(あまちょう)海域でとれた海藻、じんば(神葉)。

隠岐に行ったとき目に付き、「神の葉なんて、どんな味がするんだろう?」と思って買ってみました。

季節限定なんですね。

じんばを食べてみる

乾燥されたものなので、10分ほどたっぷりの水に浸けてから湯通しして、今回はお味噌汁に。

にんじんも入れて、彩り良く。

じんば、正式名はホンダワラというそう。

丸い袋がついていて、しゃきしゃきとした食感でおいしかったです。

さっと湯がいて酢味噌和えや、天ぷら、ヒジキ煮のようにしてもおいしそう。

海藻はカロリーが低く、ミネラルが豊富なので、どんどん食べたいと思ってます。

おいしかったのでネットで買おうと探してみましたが、見つからず。残念。
次に隠岐に行ったら、たくさん買って帰ります。

じんばと一緒に買ったあらめは、ネットで見つけられました。

 

関連情報:隠岐の島という島はないってご存知でしたか?

ところで、隠岐の島という名の島はないってご存知でしたか?
知らなかったのは私だけ?(汗)

隠岐の島ではなく隠岐諸島で、

隠岐諸島最大の島は島後(どうご)。隠岐の島町があります。

島前(どうぜん)は、西ノ島(西ノ島町)、中ノ島(海士町 あまちょう)、知夫里島(ちぶりじま 知夫村 ちぶむら)の3島からなります。

私は松江市の七類港からフェリーで行きました。

フェリーだと2時間半ぐらい。

島内は自転車の貸し出しもありましたが、山道も多いので車の方が動きやすいです。

島後は空港があり、伊丹空港、出雲縁結び空港からJALが飛んでます。

自然豊かで、海がものすごく綺麗な隠岐。

またゆっくり行きたいなあ~。