リフォーム中の家に完全引っ越し。食事事情は?

先週、京都から熊野に引っ越しをしました。

 

新居のリフォーム工事は完了・・・していません!

なんと、まだキッチンもお風呂もない状態。

とりあえず寝られる部屋はあるので、時間に追われずリフォームをしていく予定です。

 

昨日は、熊野桧の無垢の床材を購入した材木屋さんから廃材も購入して、トラックに積んだままになっていたやつを片付けました。

トラック一杯の廃材。これで2,000円です。

 

廃材といっても、熊野の杉と桧。

小さなキズぐらいの木も多く、これからリフォームで使えそうです。

厚さや幅、キズの具合で分類して片付けました。

 

さて、食事事情です。

 

キッチンはないのですが、外食するところも、食料を買うところも遠いいため、食事は自炊しています。

 

コンロはもちろん無く、あるのはカセットコンロだけ。

こんな状況。

 

それでも、酵素玄米が食べたくて土鍋で炊いています。

 

使っているのはこちら。

京都と熊野の二拠点生活を始めてから買いました。

 

今まで、玄米は圧力鍋で炊いていました。

玄米を一晩浸水させて、圧力鍋で加圧15分、圧がなくなるまで放置と、カンタンにおいしい玄米が炊けるので。

 

土鍋で炊くと、浸水までは一緒。土鍋に入れて沸いてきたらそのまま10分加熱、ごく弱火で40分加熱、火を止めて10分蒸らすと圧力鍋に比べて手間はかかります。

 

でも、土鍋で炊いた方がおいしいんですよ。

もう圧力鍋には戻れません。

 

土鍋で炊いた後、ジャーで保温は今まで通り。

 

私は、どうしても家で酵素玄米が食べたかったのです。

 

キッチンが無いから料理は無理とあきらめず、これだけは食べたい(私の場合は酵素玄米)と絞ってそれだけは手間をかければ、カンタンな食事でも満たされた気持ちになるものです。

 

不便を楽しむ。

そんな毎日を送っています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました