「省エネライフ」でゆるりと暮らそう♪

失敗なく、おいしい天然酵母パンを作るには

酵母と小麦粉と水と塩だけのパンを焼きました。

酵母は古代小麦のカムートと水で育てた小麦粉酵母。

古代小麦のカムートにアイコーンを加えて、水と塩だけで焼いたプチパン。

セロリのぬか漬けと、清美オレンジをお供にいただきました。
パンは、小麦の味がしっかり味わえ、何もつけなくてもおいしかったです!

#stayhome の今、おうちでパン作りをする人が増えてるようです。
私もその一人。

そのせいで、バター、ドライイスト、小麦粉が品薄になっているとか。

ドライイーストがなくても、自宅で酵母を育てればパン焼きできます。
天然酵母のパン作り、面倒くさい?難しいと思いますよね?

天然酵母のパンができるまで(ざっくりの手順)

天然酵母のパンは、酵母を育てるところから始まり、発酵もゆっくり。時間がかかります。

外出自粛の今だからこそ、始めるチャンス。

パンができるまでのざっくりとした手順はこんな感じ。

小麦粉とその半量のお水で小麦粉酵母を育て始めます。

粉と水を混ぜたら、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。

3日~5日に1回、エサやり(酵母に粉と水を足すこと)をしていきます。

最初はたった4gの粉が、1ヵ月ほどで150gほどの酵母に。

粉と水を混ぜたものが、日々変化していくのがおもしろくて、冷蔵庫から出しては家族に酵母の発育を語っていた私。
「見て!こんなに元気に育ってる!すごいでしょ!この部分が特に」などと。
家族に変な目で見られていたかも・・・。

 

酵母が完成したら、いよいよパン作り。

酵母と粉、水、塩を入れてこねて、一次発酵へ。

発酵は、冷蔵庫で一晩。
パン作りが始まっても、時間がかかりますね。

一次発酵用に、こちらの容器を使ってます。
透明な容器だと、発酵の様子が目で確認できて便利。

 

翌日、成形して二次発酵。
オーブンの発酵機能を使って、30度で1時間で完了。

オーブンで15分焼いて、ようやくパンの完成です。

酵母づくりに約1ヵ月。

酵母ができていれば、パンを食べたい日の前日の夜に生地作りを始めればOK。

 

天然酵母パン作りを成功するには

小麦粉酵母と並行して、レーズン酵母も作りました。

レーズン酵母の豆乳ロールパン。

どちらも初めての天然酵母パンでしたが、ふっくら焼きあがりおいしかったです。
成形の技術は、かなり練習を必要としそう。

天然酵母のパン作りは習っていなく、自習のみでした。

天然酵母パン作りの参考文献とサイト

参考文献はこちらの2冊。

両方の本をよく読み、さらにネットで調べながら作りました。

レシピ本を買うだけで成功するのか?

レシピ本を熟読すれば、誰でも天然酵母のパン作りに成功するかというと、それは違います。

私の場合、一度、古代小麦のパン作りを習いに行っています。
このときは、天然酵母ではなくドライイーストでのパン作りでしたが。

パンを習いに行った先生のサイト。古代小麦のパンが通販で買えます。

マンツーマンで教えていただき、そのあと何度もパンを焼いて練習しました。

パン作りの下地があったから、イーストから天然酵母に変えても失敗しなかったと思います。

パン作りの手順やコツ、生地の扱い方はレシピ本にも記載されているけれど、本を読むだけではわからない部分もたくさんあります。

天然酵母のパン作り成功の近道は、一回はパン教室でパン作りを習うことにあると思います。

直接パン教室に通うだけではなく、今はオンラインで受講する方法もありますね。

cottaプレミアムレッスン

こちらのぼっちゅんcafe あんこ 先生のレシピは、プリントアウトして活用してます。
TOMIZのレシピ

失敗なく、おいしい天然酵母パンを作るには、
習う、レシピ本やサイトから学ぶ、そして練習を繰り返し成功するまで作る。
です!

 

メールマガジンを発行しています。よかったら登録をどうぞ。

 

コメント