「省エネライフ」でゆるりと暮らそう♪

伏見稲荷大社の隣に転居そして全国の一宮巡りへ

少し前まで、神社といえば年に一度、初詣で訪れるぐらいでした。

それが、2019年から京都の伏見稲荷大社の隣に住むことに。

本当に隣なので、

伏見稲荷大社のお庭から梅の花やウグイスの鳴き声を楽しんだり、

境内を通って出かけることも多いので、日々の神社の祭事を知ったり、

と今まで遠い存在だった神社が、非常に身近なものに変わりました。

 

施術家であるだんなさんは、2019年の8月より全国にある一宮と呼ばれる神社を廻っています。

根善療法 活き生き
根本原因にアプローチ

一宮とは、由緒正しき社格の高い神社で全国に107社あります。(諸説あり)

一年間ですべての一宮を参拝して御朱印をいただくことになり、2020年3月現在、あと20社余りに。

なぜ、すべての一宮をたった一年間で参拝して廻るの?大変じゃない?

という疑問は不要。

そういうもの、と思えばいいのだそうで。

 

一宮の御朱印は、神社名がページに記載されている特別な一宮御朱印帳を使っています。

昨年8月、京都の下賀茂神社で一宮御朱印帳を購入したとき、

「全部廻るのに7~8年はかかりますよ」

と言われました。

それを1年で廻るのは、かなり大変。

修行に近い・・・と私は思ってます。

 

神社に着いたけれど、御朱印は違う神社でもらわなければならなかったり、

宮司さんが草むしりや畑仕事をしていて、着替えてくるのを待ったり、

御朱印の受付時間は過ぎてしまっていたけれど、ダメ元で走ってもらいに行ったら対応してもらえたり、

離島にあったり、

など。

私もすべて同行しているわけではありませんが、とにかく様々な困難、いえドラマが一宮巡りにあるなあと思いました。

そこで、ブログに「院長の一宮巡り」とカテゴリーを作ってまとめていくことにしました。

これから一宮巡りをしてみようかなと思っている方、神社巡り好きな方の参考になれば幸いです。

コメント