「省エネライフ」でゆるりと暮らそう♪

アイスコーヒーが嫌いな人にもおすすめ 水出し(コールドブリュー)コーヒー

自宅で水出しコーヒー、コールドブリューコーヒー。ゆっくり時間をかけて抽出されたコーヒーは、すっきりのみやすくおいしかった!

 

コーヒーはフェアトレードの生豆を買い、自家焙煎。淹れるたびに豆を挽いて飲んでいます。

夏でもホットコーヒー派の私。コーヒーはホットじゃないとおいしくないと思ってました。

でも、5月後半の京都は蒸し暑く、たまにはスッキリ冷たいコーヒーを飲んでみようかと。

でも、アイスコーヒーってイマイチおいしく感じられないのです。

ということで、アイスコーヒーではなく水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)を作ってみました。

水出しコーヒーとは、お湯をかけて冷やすのではなく、お水でじっくり時間をかけて抽出させるコーヒーです。

水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)を飲むための準備

必要なものは、水出し用のポット、コーヒー、お水、そして時間です。

まずは、水出し用のポット。専用のポットを購入しました。

サイズは1000mlと600mlと2種類、色はレッドとブラウンの2種類あります。
私はもちろんレッド。サイズは1000mlを選びました。冷蔵庫の扉ポケットに入る高さです。

コーヒーは、1000mlのサイズのポットでは80グラム。豆は深煎りで。

だんなさんが、深煎りに焙煎してくれましたよ!

我が家は東ティモールの豆を深煎りして使っています。いつもドリップしている豆を、水出しコーヒーにも使いました。

お水は、約1150ml。

ミネラルウォーターを使用しました。お水のおいしさが味を左右するので、水道水よりも浄水やミネラルウォーターを使うとよいと思います。

ストレーナーにコーヒーを入れ、ポットにセット。お水を少しずつ注ぎ、冷蔵庫に8時間保管。ストレーナーをポットから出して、完成です。

ストレーナーは底があくので、お片付けにも便利。

水出しコーヒーを作ってみて

夜作って、説明書のとおりの量のコーヒーとお水を入れたものの、薄すぎ、水っぽかったらイヤだなと思いながら、翌朝飲んでみたら・・・!

おいしかった!!!

アイスコーヒーと水出しコーヒーは冷たいコーヒーという点では同じですが、まったく別物。8時間待っただけあります。すっきり飲みやすいけれど、味わい深かった。

冷たいコーヒーはコーヒーじゃない。なんて、もう言いません。
お湯をかけるコーヒーもおいしい、お水で時間をかけるコーヒーもおいしい。

今年の夏は水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)にはまりそうです。

 

メールマガジンを発行しています。よかったら登録くださいませ。