「省エネライフ」でゆるりと暮らそう♪

京都から熊野に引っ越します(2020年度中)

2020年度中に京都から熊野に引っ越すことになりました。

熊野ってどこ?

熊野とは、世界遺産 熊野古道のある熊野です。

私が転居するのは、熊野古道 伊勢路の中にある物件で、具体的には三重県南牟婁郡御浜町。
海も山も川もある自然豊かなところ。

というと聞こえはよいですが、陸の孤島というべく不便な場所です。

伏見稲荷大社の隣50cmから、世界遺産 熊野古道の中、とまたもや特異な環境で暮らします。

なぜ熊野へ?

「次に住むのは、京都 大原!」
と考えていました。

住みたい物件にも目星をつけていて、ただキャッシュで買うには高く、もう少し先かなと思っていました。

熊野には関東から移住した知人が宿をしていて、何度か訪問していました。

行くたびに「いいところだな」と思い、でも、陸の孤島だし、次は大原に住むのだから、と次に住むところじゃないけど、もしかしたらいずれ住むかもしれないな、ぐらいな場所。

6月上旬に熊野にいったとき、いつも寄るカフェでたまたま物件情報を聞き、すぐに内覧させてもらいました。

6月中に再び熊野へ行って物件を再度確認、7月上旬に購入。

熊野に住みたいと思って探したのではなく、たまたま巡りあっただけでした。

たまたまではなく、必然だったのかも

大原の物件は、ずっと売れずにいたのに、先日確認したらなんと売れていたのです。びっくりしました。

 

だんなさんは以前から、
「次は田舎暮らしがしたい、〇〇ぐらいの物件を買って」
と言ってました。

私は京都で物件を探していたので、その価格なんてあり得ないと思ってました。

ところが、熊野の物件は、そのあり得ない価格で手に入れることができたのです。

 

私は畑をやるのは興味がないけれど、実のなる木を植えられる場所や、自由に採取したり散策できる山林があったらいいな、それと、食への興味が膨らんでいて、飲食店営業許可が取れるキッチンを作れる物件だといいな、と思っていました。

熊野の物件は、住宅と店舗の二つの建物、畑と山林付き。

場所は予定と違うものの、私の希望も叶ってました。

 

たまたまではなく、魂の導くままに行動していると、必要なものは必要なときに手に入るものなんですね!

 

住宅のリフォーム後に転居してから、店舗もリフォームして2021年度にカフェを開業する予定です。

カフェの名前はもう決めました。

「いきいき峠かふぇ」

わくわくが止まりません!

 

メールマガジンを発行しています。よかったら登録くださいませ。