熊野でゆるりと暮らしを満喫中♪
マネー熊野暮らし

ネットバンクで困ったこと。地方暮らしに必要な金融機関は?

「田舎暮らしとネット銀行は相性よい」という記事を書きました。

便利だと思っていたら、思わぬ落とし穴がありました!

ネットバンクとは、インターネットでの取引をする実店舗のない銀行のこと。
お金の出し入れは、提携している金融機関のATMで行います。

残高や取引回数などの条件をクリアーすれば、
提携ATMからの入出金手数料が数回無料になったり、
他行への振込手数料が無料になります。

私は私用口座はネットバンクをメインしていて、
今までまったく問題ありませんでした。

しかし、困ったことが起こりました(涙)
ちょっと多めの現金を出金するのが難しかったのです。

楽天銀行では、ATM出金のデフォルトは一日50万円まで。

カスタマーセンターに電話すれば、その日限りで100万円にできるそう。

でも、100万以上必要なときは、それを何日かやるってこと?!

店舗のある銀行でも、ATMでの出金限度額に制限は設けられています。

でも、窓口に行けばおろせます。

ネットバンクは現金取引に弱い。
当たり前のことで障害になってしまいました。

今回は、地元の地方銀行の口座を使うことにしました。

ネットバンクは楽天銀行以外に住信SBI銀行も使っています。

住信SBI銀行の方が、現金の出金限度額は大きかったです。

ちなみに、プロパンガスの口座振替や国民健康保険の保険料引落には、
地元の金融機関が指定されていました。

地方暮らしには、ネットバンクをメインに使いながら、
地元の金融機関(地方銀行や信用金庫など)もサブで持つ、
ことになります。

金融機関の口座は増やしたくないけれど、これは仕方ありません。

タイトルとURLをコピーしました