恵みの雨。当たり前だと思ってたことが実は当たり前ではない。

メルマガ「豊かな生活を送るコツ」のバックナンバーです。

今朝、熊野は雨でした。
我が家にとっては、恵みの雨でした。

というのも、我が家には水道が引かれていなく、水は山水を引いているからなのです。

沢から引いている水は、大きなタンクに貯まり、そこから家の中に引いています。
タンクはかなり大きく、それでも水量が豊富なときにはオーバーフローして流れています。

天気が続き、乾燥している冬になってから、オーバーフローの量が減り、ここのところ日中はオーバーフローが止まっていました。

タンク容量は相当大きいものの、このまま雨が降らず沢の水が枯れたら、うちの水がなくなるんではないのか、と少し心配になってました。

なので、雨が降ってホントによかったです。

水道の蛇口から水が出ることは、当たり前のことだと思ってました。

熊野に引っ越したら、当たり前のことではなかったのです。

当たり前のことでないので、水がよりおいしく感じ、水を大切にしようという気持ちが強くなりました。

当たり前だと思ってたことが実は当たり前ではない。

我が家の水事情だけではないですよね。

これは、あなたも今年実感したのではないでしょうか。

当たり前のことと認識してしまうと、もう次はよく考えずに行動してしまいます。

でも、ちょっと待って。それって、本当に当たり前でしょうか?

日ごろの生活で当たり前のこととしてやっていることを、あれ?と思って考え直してみませんか?

今は少しの違いでも、回数を重ねたり、時を重ねることで大きな違いになるもの。

お金があれば幸せということはできないけれど、
今を生きるためにはある程度のお金は必要です。

お金がない、お金がなくて将来が心配と思うのなら、まずは当たり前だと思っていたことを疑ってみてはどうでしょうか?

自分のことは気が付かなくても、人のことは気が付きやすいもの。

「活き生きライフ コミュニティー」では、会員同士のポジティブなやり取りを通して、豊かに暮らせる人が増え、もっとよい社会になり、また豊かに暮らせる人が増えていく、そんな連鎖ができたらいいなと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました