マネー

NISA口座を楽天証券からSBI証券に変更

2023年に購入した海の見える家からの景色

2024年からNISAが新しくなりました。それを契機に、NISA口座を楽天証券からSBI証券に変更しました。

2023年までのNISA口座(旧NISA)で投資したものは移動できないので、そのまま楽天証券に置いておくことになります。

NISA口座は一人1口座しか持つことができません。私は前述のとおり、楽天証券にNISA口座を開設していたため、まずは楽天証券で金融機関変更の申込みをしました。

並行して、SBI証券に金融機関変更によるNISA口座開設の書類請求をしました。

数日後、楽天証券から「勘定廃止通知書」が郵送されてきました。

SBI証券から郵送されてきた書類に、勘定廃止通知書、本人確認書類(運転免許証のコピー)、マイナンバー確認書類(SBI証券に登録済みだったので不要)を添えて、返送しました。

あとは書類が受理されて、NISA口座がSBI証券に開設されるのを待つだけでした。

2023年の12月上旬に変更手続きを始めて、12月下旬に開設できました。

金融機関は年単位で変更できますが、変更前に投資したものは変更後の金融機関に移せません。

保有資産の管理がしにくくなるので、これまでNISAの金融機関を変更することは考えていませんでした。

NISAの制度が大きく変更したので、思い切ってやってみたという感じです。

なので、今後変更する予定はありません。

現物の不動産への投資だけでなく、NISAの投資枠を使い切るべき、SBI証券の口座を有効活用していきます。

楽天証券は旧NISAとiDeCoを、SBI証券は新NISAという使い分けになります。

画面の操作性は、楽天証券が抜群に良いと思ってます。他にもいろいろ考えることがあって、NISA口座を変更しました。そのワケは、また別記事で。

まさだ嫁日記
更新のお知らせをメールで受け取る

更新通知以外のメールはお送りしませんのでご安心ください。
受信ボックスか迷惑メールフォルダを確認して購読手続きを完了してください。


スポンサーリンク
シェアする
まさだ嫁をフォローする
まさだ嫁日記
タイトルとURLをコピーしました