明日やろうは馬鹿野郎。この言葉にドキっとした 「書く習慣」いしかわゆき

自分の生きた記録として、細々と綴っている「まさだ嫁日記」。

日記だから毎日。いえ、せめて週に一回は書こうと思いつつ、更新頻度は非常に低めです。

書きたいことは、たくさんあります。

いえ、あったはず。

心が動かされることはいろいろあり、ブログに後で書こうとして記憶の彼方にいってしまったもの。

もう少し体裁を整えてから公開しようと、下書きのままの記事も多数。

気がつけば、月に一度ぐらいの更新になってたり。

日記なんだから気軽に書けばいいのに、私。

なんでできないのかな?とモヤモヤしてるところで、この本と出会いました。

ブログに限らず、書く機会はとても多いですよね。

書かなくても死にはしないので書かなくてもいいのですが。

情報を得るばかりじゃなくて、自分も発信して出していきたくなります。食べたら出す的な。

書いて出さない便秘状態は、なんとも具合が悪いです。

でも、うまく書けない、うーん(汗)

を読んだら、だいぶスッキリしました!

落ち着いたらやろうは絶対にやらない。明日やろうは馬鹿野郎って、そのとおり。

まずやる、やります!

 

書く習慣

書く習慣
SNS、ブログ、note、世間に発信できるサービスが増え、多くの人が文章で自己表現して

新刊のこちらも気になります。

ポンコツなわたしで、生きていく。 〜ゆるふわ思考で、ほどよく働きほどよく暮らす〜
ポンコツなわたしで、生きていく。 〜ゆるふわ思考で、ほどよく働きほどよく暮らす〜

著者は、娘と同じぐらいの年齢です。

お母さんが、娘からやる気をもらいました(笑)

タイトルとURLをコピーしました